木製の製品というものは、年月とともに変化が出て、そこには意図して作り上げることができない味が現れてくるものです。 こういった木製やブリキのものに愛着を持って、アクリルカラーでペイントし生まれ変わらせながら、大切にしていく・・・